牛乳アレルギー症状

【牛乳アレルギーの症状】皮膚疾患と対処の方法まで

牛乳アレルギーの症状で1番多いのは「皮膚疾患」です。

そんな皮膚アレルギーについて紹介していきたいと思います。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

 

 

牛乳アレルギー症状の皮膚疾患について

牛乳アレルギーの原因は、主に牛乳の中に含まれる「タンパク質」が原因とされています。

  • カゼイン
  • ホエイ

といったタンパク質です。

 

特に「アトピー性皮膚炎」のお子さん、赤ちゃんなどに多く見られ、3人に1人の割合である約33%の皮膚疾患は牛乳が原因といわれることが多いです。

 

皮膚に起こる疾患の主な症状

注意ポイント

  • 蕁麻疹
  • かゆみ
  • 赤くなる
  • ただれる
  • 唇、舌、口の中が腫れる

これらが、皮膚に出てくるアレルギー症状の例になります。

 

 

牛乳アレルギーになってしまった場合の対処方法

1番はまず、病院にいきましょう。

しっかりと検査した上で、何がアレルギー物質なのか原因を知ることが最も重要です。

牛乳が原因の場合は、「乳製品」まず避けていきましょう。

 

ポイント

主な乳製品

  • チーズ
  • ミルク
  • ヨーグルト
  • 生クリーム
  • バター
  • 練乳
  • 乳酸菌飲料
  • アイスクリーム
  • パン
  • カレー、シチュー
  • チョコレート

簡単にあげただけでもこれだけあります。

 

これらを避けるだけでもアレルギーリスクを少し下げることができます。

【牛乳アレルギーの症状】対処の方法と時間は?

【牛乳アレルギーの症状】対処の方法と時間は?

もし自分が、家族が牛乳アレルギーになってしまった場合どうしますか? それは、第3者であるあなたが、牛乳によるアレルギー症状と時間について知っておく必要があります。知っておくことで、その後の対処ができる ...

続きを見る

 

 

【牛乳アレルギー】は〇〇代用する。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は、牛乳アレルギー症状の皮膚についてを紹介しました。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

-牛乳アレルギー症状

Copyright© お子さん、子供の成長ドットコム , 2020 All Rights Reserved.