牛乳アレルギー・大人 牛乳アレルギー症状

【牛乳アレルギーの症状】赤ちゃんと大人の違い

牛乳、ミルクによる赤ちゃん(乳幼児)に時期のアレルギーは全体的に 2番目に多いって知ってましたか?1番は鶏卵、3番目が小麦ですが。。

今回は、牛乳(ミルク)アレルギーと赤ちゃん(乳幼児)について詳しく紹介していこうと思います。

 

 

結果として、大きな違いは

赤ちゃんほどアレルギーが出やすく、大人の人ほどアレルギーが出づらくなっていくのが特徴です。

いったいどうゆう事なのかを詳しくみていきましょう。

 

牛乳(ミルク)アレルギーは赤ちゃんの時期?

2番目に多いとされている牛乳アレルギーですが、特に生まれてから6ヶ月以内に起こることが多いです。

症状

  • 下痢
  • 腹痛
  • 嘔吐
  • 血便
  • 消化器系の病気

原因とされている物は、赤ちゃんであれば「母乳」、「ミルク」などに含まれている「タンパク質」が当てはまります。

 

ただし、大きくなっていけば自然に食べられる様になっていきます。

 

特に赤ちゃん(乳幼児)のうちは、腸などの消化器官が未熟なためなんです。そのため大きくなっていくにつれて免疫システムも上がってくるので自然とアレルギーが起きづらくなっていきます。

 

食物アレルギーの割合

  • 0歳が際も多い。10%の子供
  • 3歳で半分
  • 小学生くらいで、1〜2%

 

しかし、大きくなっても良くならない場合もあります。

そんな時は加工食品なども気おつけていきましょう。

食べ物のアレルギーは主に「タンパク質」が原因で、加工食品の中にどの程度の割合で入っているかがポイントになります。

なので牛乳がアレルギー物質の場合は、乳製品である「チーズ」なんかは特に気おつけることをおすすめします。チーズの場合はより濃縮して作っているために、密度の濃い乳タンパク質含まれているためです。

 

 

赤ちゃんから牛乳アレルギーを直していく方法

もし仮にアレルギーが出てしまった場合は、避けるのではなく、あえて食べさせる治療方法があります。

ただし、アレルギーが強い場合は向きません。

 

赤ちゃんの内から少しずつ慣らしていきながら、体に取り入れていくことで体が慣れていく治療法があります。

あまりにも心配な方は、近くの病院で相談していきましょう。

 

 

大人になっても牛乳アレルギーが出てしまう

稀に大人になっても牛乳アレルギーが出てしまう方がいるのも事実です。また、大きくなった子供の場合でも同じことが言えます。

本来であれば、小学生くらいでほとんどの子供が牛乳アレルギーから卒業していきますが、残ってしまう、もしくは強いアレルギーの場合に多い症状です。

 

そんな時には、自分の摂取量の目安を確認しておきましょう。

例えば、

  • 牛乳であれば何杯までなら大丈夫なのか?
  • チーズはどのくらい食べれるのか?
  • グラタンは何口食べれるのか?

これらを知っておくのはとても重要です。

食材の目安を知っておくことで、自分のアレルギー、お子さんのアレルギーの量がわかるので対策が打てる様になります。

少しずつでいいので、乳製品の自分の壁の調査をしておきましょう。

 

牛乳が取れない人は、カルシウムグミで補う

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は、赤ちゃん(乳幼児)と大人の違いから、ちょっとした対策までを紹介しました。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

 

-牛乳アレルギー・大人, 牛乳アレルギー症状

Copyright© お子さん、子供の成長ドットコム , 2020 All Rights Reserved.