牛乳アレルギーヨーグルト

【牛乳アレルギー】ヨーグルトは代替できる?その他2つの重要ポイント

牛乳アレルギーに人に対しての代替できる食材はあるのか?

その中の1つに「ヨーグルト」はどうなんだろうと思い調べてみました。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

 

牛乳アレルギーの人は「ヨーグルト」はいけるのか?

結論から言うと牛乳アレルギーの方は「ヨーグルト」は食べられない物の部類に入ってしまいます。

 

そのほかにも、牛乳を使った食品には

  • ヨーグルト
  • バター
  • チーズ
  • クリーム
  • 練乳
  • シチュー

などといった食べ物には、牛乳が含まれているので注意が必要です。

 

牛乳アレルギーの人は、ヨーグルトも食べれない。。。
そんな場合はどうしたらいいのか?

ヨーグルトに変わる物はあるのか?

 

ヨーグルトに変わる代替品は?

牛乳を使わないヨーグルトやアイスクリームはあります。

アレルギー成分である牛乳を使わないで、
植物性の食材で作る「非乳製品」と言われている物です。

非乳製品ヨーグルト

  • 大豆ヨーグルト
  • カシューヨーグルト
  • ココナッツヨーグルト

 

特に乳製品が多いとされている“アメリカ“などでは「ビーガン(菜食主義)」の人が増えつつあり植物性タンパク質で作られた“フェイクミート“なども人気になっています。

 

乳幼児や牛乳アレルギー人は乳製品などに含まれている“糖“である乳糖を消化できないがために、様々な病気になってしまいます。

そんな牛乳アレルギーの人は1度試してみるのもアリだと思います。

 

 

ヨーグルトの主な効果は?

ヨーグルトの主な効果は「乳酸菌」が有名ですが、この乳酸菌を取ることで腸内環境が良くなり、便秘の解消、美肌効果などがあり、その他にも免疫力が上がりやすくなり、インフルエンザや風邪などが引きづらくなる効果も期待できます。

ですが、乳製品がダメな牛乳アレルギーの人はどの様に乳酸菌を摂取したら良いのでしょうか?

その他の乳酸菌

  • 漬物
  • 味噌
  • 醤油
  • 甘酒・マッコリ

その他の乳酸菌食材のメインは「大豆」です。

この大豆にアレルギーがない方にはおすすめの乳酸菌摂取方法です。

一緒に食べた方がいい物の食品に「納豆」があります。納豆菌は熱にも大変強く、乳酸菌を増やす効果もあります。

 

 

牛乳の主な効果とは?

牛乳の主な効果は「カルシウム」が有名ですが、カルシウムの摂取量が少ないと、骨粗鬆症、高血圧、動脈硬化、糖尿病、アルツハイマー病、変形関節症などの症状が出てしまう場合もあります。

しかも、日本人の場合、海外に比べるとカルシウムの摂取量が1/3と明らかに少ないです。

ですが、牛乳アレルギーのために牛乳がダメな人や、お子さんにはどの様にカルシウムを取ったらいいのか?

カルシウムをグミで取る方法

 

 

 

カルシウムを上手く摂取するする方法5つ

カルシウムを更に効率よく取っていく方法

  1. ビタミンD
  2. ビタミンK
  3. マグネシウム
  4. タンパク質
  5. イソフラボン

 

ビタミンD

カルシウムを腸から吸収し、活発化します

ビタミンDは体内で変化して、身体中にカルシウムの成分を骨の隅々まで運び、骨を作るのを助ける成分になります。また、太陽の光を浴びることで、体にビタミンDが生成されます。

ビタミンDの食材

アジ、サンマ、干し椎茸、しめじなど。

 

ビタミンK

ビタミンKはカルシウムの流失を防いでくれます

尿中に破折されるのを防いだりすることで、骨の劣化を防ぎます。その他にも怪我などをした場合の血液凝固の作用があります。

ビタミンKの食材

ほうれん草、ブロッコリー、ひじきなど。

 

マグネシウム

酸素の働きを促し骨づくりを助けます

マグネシウムが減ってしまうと骨を作る際の調節ができなくなってしまい骨も密度などが崩れて骨形成がうまくいかなくなります。

マグネシウムの食材

ひじき、アーモンド、納豆など。

 

タンパク質

骨と若さを保つ重要な存在

体の中でも重要な存在のタンパク質ですが、主にアミノ酸がタンパク質には約20種類ほど結合してできており、骨に存在するコラーゲンもこちらの1種でカルシウムを骨にくっつける接着剤の役割があります。そのおかげで強い骨が出来上がります。

タンパク質の食材

魚、肉、卵など。

 

イソフラボン

女性ホルモンにとてもよく似た成分

イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンによく似ている働きをすることでとても有名です。そのエストロゲンは骨からカルシウムが溶け出すことを抑えてくれる働きがあります。

ただし、生理不順や閉経後などでは、エストロゲンがものすごく減少するためイソフラボンでエストロゲンの働きを補ってあげましょう。

イソフラボンの食材

大豆、豆乳、納豆、など。

 

以上が、カルシウムをもっと効率よく取る方法になりますが。その他にも取る方法があります。牛乳アレルギーでもカルシウムを取れるカルシウムサプリメントがあります。

カルシウムグミとは何なのか?効果、口コミ、成分、副作用まとめ

カルシウムグミとは何なのか?効果、口コミ、成分、副作用まとめ

カルシウムグミとは?いったい何がすごいのか?本当に効果があるのか気になりますよね? そんなカルシウムグミの効果、メリット・デメリットを分かりやすいようにまとめてみました。カルシウムグミとは何なのか?成 ...

続きを見る

 

 

 

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は、牛乳アレルギーでもヨーグルトは食べれるのか?についてと、その代替商品について紹介しました。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-牛乳アレルギーヨーグルト

Copyright© お子さん、子供の成長ドットコム , 2020 All Rights Reserved.